モテる男になる条件

Read Article

面白い人ってどんな人?

面白い人ってどんな人?

面白い人。

女性に「好きなタイプは?」「彼氏にしたいタイプは?」
というアンケートを取ると、必ずと言っていいほど
上位に来るのが、「面白い人」です。

一緒にいて面白い人、
話をして面白い人、
これはもう鉄板ですよね。

ただ、一言で「面白い人」といっても、
なかなかピンとこないものだと思います。

「面白い」には色々な意味が含まれていますからね。

「面白い人」と言われて、まず頭に浮かぶのが、
トークが面白い人だと思います。

お笑い芸人のように、人を笑わせるトークが
ポンポンと飛び出してくる人を想像するのではないでしょうか。

確かに話が面白い人、人を笑わせる人は、
一緒にいて面白いですし、「面白い人」のまさに代表格です。

だから、「面白い人」と言われると、
「俺は口下手だから」と話下手な人は、
その時点で諦めてしまったりします。

でも、お笑い芸人のような笑いのトークが出来る人だけが
「面白い人」というわけではないんです。

確かに面白いトークができる人は楽しいですし、
それに越したことはないのですが、
何もみんながみんなお笑い芸人になる必要もありませんし、
そういう人だけを指して「面白い人」というわけではありません。

例えば、自分の知らないことを教えてくれる人。
これも十分「面白い人」です。

知識が豊富であったり、自分の知らないことを知っている人、
これは非常に知的好奇心を満たしてくれる、とても面白い人なんです。

人間、知的好奇心を満たすことを
楽しい、面白いと感じるものです。
そういった「面白さ」を感じさせてくれる存在って、
十分に「面白い人」と言えるんですね。

自分の知らない美味しいお店に連れて行ってくれる人なんて、
本当に一緒にいて面白いと言える人です。

それから、会話に関しても、
笑えることだけが面白いわけではありません。

「快適さ」も十分に「面白さ」に入るんです。

話をしていて快適さを与えてくれる人、
聞き役に徹して快適さを与えてくれる人、
一緒にいて快適な気持ちにさせてくれる人。

こういう人も、一緒にいて面白い人と言えるわけです。

女性というのは基本的に話をするのが好きな人が多いです。
自分の話を聞いてもらいたいという子が非常に多いんですね。

だから、自分が気持ちよく話をできることは、
それだけで楽しく面白く感じるわけです。

笑わせるトークができなくても、
女性の話を聞いてあげる事で女性を楽しませ、
快適な気分にさせてあげることができれば、
それで十分面白い人になれるんです。

「面白い」とは、何も「笑い」だけではありません。

人を笑わせるトークができないとしても、
面白いと感じさせる方法はいくらでもあるのです。

もちろん、人を笑わせられればそれに越したことはありませんけどね。
そういう人は、ガンガン笑わせてあげましょう。

それは大きなセールスポイントになりますから。

しかし、「面白い人」というのは、
「笑いをとれる人」とは限りません。

面白さといっても、
そこには色々な面白さがあるわけですから。

持っておくべき恋愛裏ノウハウ