モテる男になる条件

Read Article

第一印象とYシャツの新調

第一印象とYシャツの新調

明日から4月になります。
年度の変わり目ですね。

会社には新入社員が入ってきたり、
新しく異動や転職してきた社員が入ってくる時期です。

学生の入学式は、まだ先ですかね。

新たな年度を迎えて、
素敵な女性との出会いも訪れるかもしれません。

そして、この時期になると、
ワイシャツを新調する人が多くなります。

ワイシャツに限らず、ネクタイを新しくしたり、
中にはスーツ一式を新しくしたり、
靴を買い換えたりする人もいますね。

まあ値段的にも手が出しやすいので、
ワイシャツを新しくする人が一番多いと思います。

これは、年度が変わるため、
心機一転これを機会に新しくしよう、
と思うことが理由ではありません。

もちろんそれもあるのですが、
別のもっと大事な理由があるわけです。

それは、第一印象を良くするためです。

人との出会いにおいて、
第一印象というのはとても重要な意味を持っています。

第一印象が良いか悪いか、
それがその人の印象に直結してしまうからです。

もちろん全てが第一印象だけで決まるわけでもなく、
その後の付き合い方で印象も変わっていきます。

しかし、出会った時のファーストコンタクトで抱いた
第一印象のイメージは、いつまでも残ってしまうものなのです。

人間は、「初めて」の出来事を
強く、そして長く記憶に残す習性があります。

初めて飛行機に乗った時のこと、
初めてしたバイトのこと、
初めて女性と付き合った時の相手、
ファーストキスの思い出、
初めて女性とベッドを共にした記憶、
初めて社会人として出社した時のこと、
初めて仕事で契約が取れた時のこと。

ほとんどを覚えているのではないでしょうか?

「初めて」のことというのは、
強くいつまでも記憶に残っているものなのです。

これは人に対する印象も同じなんですね。

初めてその人に会って、
最初にその人に抱いた印象というのは、
いつまでも強く残っているものです。

そして、それはなかなか消えることがありません。

大好きな彼女に対する記憶だって、
初めて会った時のことは覚えていると思います。

その後、2回3回と会い続けて行くわけですが、
2回目以降の記憶は、強いインパクトのある出来事でない限り、
その全てを覚えいてることはまずないと思います。

ですから、ファーストコンタクトって
凄く大事なことなのです。

そこでどういう印象を残せるかで、
あなたが与えるイメージが全然変わってくるのです。

この時期、「初めて」の出会いが増えると思います。

初めて出会った人とのファーストコンタクト、
そこでヨレヨレのワイシャツを着ているか、
パリっとした新しいワイシャツを着ているかで
全然イメージは違いますよね。

初めて会った時にヨレヨレのワイシャツを着ていれば、
その後どんなにパリっとしたワイシャツ姿を見たとしても、
どうしても最初のヨレヨレの印象が残ってしまいます。

逆に、最初にパリっとしたワイシャツの印象があれば、
その後ヨレヨレのワイシャツを着ている姿を見たとしても、
その人のイメージは、最初のパリっとしたワイシャツ姿の印象のままです。
最初に抱いた印象は、そう簡単に消えることはありません。

だから、この時期にYシャツを新調する人が多いのです。

だからと言って、
ワイシャツを始め、洋服を新しく買い替えましょう
と言っているわけではありません。

それができるのであれば是非オススメしますが、
必ずしも洋服を慎重しなければならないわけではないんです。

大事なのは、第一印象でどういうイメージを残せるのか。
それを意識できるかどうか。
それが大事なのです。

洋服を新調しなくても、
ファーストコンタクトで笑顔で接することを心がければ、
それだけでも第一印象というものは良くなります。

笑顔ほど人に良い印象を与える効果があるものは
ありませんからね。

これからの時期は、
新しく出会う人も多いと思います。

そういった新しい出会いにおいて、
第一印象でどれだけ良い印象を与えられるか、
それを大事にしてください。

P.S.

よく男性がやりがちですが、
クールな印象を残そうとして、
無愛想な態度を取る人も少なくありません。

これ、社会人でも多いんですよね。

例えば新入社員に対して、
先輩として上司として、威厳や余裕を見せたいがために、
クールに振舞おうとする人って意外と多かったりします。

でも、それって最悪な印象です。

ハッキリいって、クールって傍から見ると、
印象が良くないだけでなく、カッコ悪いんですよね。

特に狙ってやっているのが見え見えだと
これほどカッコ悪いものはありません。

それこそ、中学生がカッコつけて悪ぶっているのと
同じレベルのカッコ悪さを感じてしまうのです。

どうしてもクールな男性に憧れてしまう部分はあると思いますが、
実はクールってカッコ悪いことなんだと思ったほうがいいです。

唯一クールがカッコ良く見える時は、
それが素でクールな人の場合だけですね。

持っておくべき恋愛裏ノウハウ