モテる男になる条件

Read Article

「ただしイケメンに限る」なんて言ってたら、そりゃモテないですよ

「ただしイケメンに限る」なんて言ってたら、そりゃモテないですよ

「ただしイケメンに限る」

ネット上を始めとして、よく見る言葉ですよね。

どんなに立派なことをやっても、女性に優しくしても、

イケメンでなければ何も評価されない、
といった感じの意味です。

女性から好意を寄せられるためには、

イケメンであることが大前提で、
イケメンでなければ何をしても意味がないというわけです。

半分冗談で言っていることも多いし、

自虐的なジョークの意味合いもあるのですが、
中には本気でそう思っている人も稀にいるようです。

結論から言うと、

「ただしイケメンに限る」
なんて言ってたら、そりゃモテないですよ。

外見というのは、確かに強力な武器になります。

外見が良いに越したことはありませんからね。

イケメンとブサイクどちらがいいかと言われれば、

誰でもイケメンと答えるでしょう。
(たまにイケメンは苦手という女性もいますが)

でも、イケメンだからモテるのかというと、

必ずしもそうとは限りません。
あくまでも武器の一つ、モテる要素の一つであって、
それ以上でもそれ以下でもありません。

イケメンでもモテない人はいますし、
外見がそれほど良くなくてもモテる人はたくさんいます。

外で見かけるカップルなどを見ても、

決してカッコイイとは言えない男性が美女を連れている
そういう光景はいくらでも見ることができます。

と言うと、

お金持ちだからとか、立派な肩書きがあるからとか、
そういう理由を持ち出してくる人もいますね。

でもそれも違うんですよね。

お金も肩書きも、そして外見の良さも、

ないよりはあった方がそりゃいいに決まっています。

でも、それがないからといって絶対にモテないとも限りませんし、

それがあるからといってモテるとも限らないわけです。

外見も、お金も、肩書きも、
どれもモテるための強い武器であることは確かですが、
一つの要素でしか過ぎないのです。

そもそもなぜ「ただしイケメンに限る」という発想がでるのか?

おそらくその要因は二つあると思います。

モテていない現状を仕方ないものだと納得させたい

「ただしイケメンに限る」なんていう言葉は、
現状ではモテていない男性が使う言葉です。
モテる男性はまず使わないでしょう。

モテていないという現状、不遇な現状に理由を付けて

自分を納得させたいわけです。

しかしそれが性格のせいであったり、コミュニケーションのせいとなると、

それは自業自得ということになってしまいます。
直せばいいわけですからね。

しかしそれが外見のせいとなれば話は別です。

外見というのは基本的に先天的なものという印象があり、

先天的なものは生まれつき備わったものであるため、
自分ではどうしようもないことになります。

先天的なもののせいにすれば、

自分は悪くないと自分を納得させることができます。
仕方がないことなんだと納得できるんですね。

生まれつき外見が良くないからモテなくても俺のせいじゃない。
外見でしか人を評価できない世の中が悪い。
と、あくまでも自分以外の物のせいにできるわけです。

そうすれば精神的にも平静を保てますからね。

人間というのは、満足できない現状を

どうしても人のせいにしたり、不可抗力のせいにしたりと、
自分以外のところに原因があると思いたがるものなんですよね。

ある意味仕方のないことなのかもしれません。

そもそも自分が外見で人を判断している

もう一つの要因は、
「そもそも自分自身が外見で人を判断している」
ということが言えるでしょう。

人がどうこうよりも、

そもそも自分自身が女性のことを外見でしか見ていないので、
女性も当然外見で判断していると思い込んでいるわけです。

人間は自分の価値観が基準になりますので、

自分が外見だけで判断している人は、
当然他人も外見で人を判断しているのだろうと思ってしまうわけです。

だから「ただしイケメンに限る」なんて言っている人は、

そもそも女性に対して「ただし可愛い子に限る」と思っているのでしょう。

女性のことを外見でしか判断できない人がモテるはずはありませんよね?

「どうせ顔が良けりゃモテるんだろ」

なんて言っている人の話をよくよく聞いてみると、
その人自身が女性の外見だけを重視して見ていることも
結構多いんです。

モテない理由のほとんどは自分自身にあります

モテない現状を外見や外見を重視する世の中のせいにして、
自分は悪くないと自分を納得させていたり、
そもそも女性のことを外見でしか見ていない人が、
モテるわけがありませんよね?

逆の立場からしても、

そういう考え方をしている女性に魅力を感じるかと言ったら、
やっぱり魅力を感じないと思います。

モテない原因があるとしたら、

それはイケメンではないからではなく、
そういう考え方をしている事自体が原因なのです。

卑屈さって、一番人から嫌がられる性質です。
その卑屈さが端的に出た言葉が、
「ただしイケメンに限る」なのだと思います。

正直、外見が良くなくてもモテる人はモテるし、

外見が良くてもモテない人はモテません。

人間誰しもモテる要素は持っているものです。
誰でもモテる男になることはできるのです。

外見だって磨けば見違えるほど良くなりますし、

お金だって稼ごうと頑張れば稼げるようになります。
性格やコミュニケーションの部分がモテない要因なら、
自力で改善することだってできるわけです。

特にコミュニケーションなんていうのは、

やり方さえ覚えればすぐに効果が出てきます。
もちろん努力は必要ですけどね。

もしモテる男になることを邪魔できるとしたら、
それは自分自身だけです。

モテない現状を変えたいと思うのなら、

周りを変える前にまず自分が変わること。
それが一番の近道であり、一番効果的な対策なのです。

持っておくべき恋愛裏ノウハウ