モテる男になる条件

Read Article

モテる男は攻めのテクニックと受けのテクニックの両方を使います

モテる男は攻めのテクニックと受けのテクニックの両方を使います

モテる方法、モテるためのテクニックというと、
どういうイメージを持つでしょうか?

おそらく女性を落とすためのアプローチ方法などの、

こちらからの攻めのテクニックを思い浮かべると思います。

気に入った女の子を何とかモノにするために、

女性を惚れさせるためのアプローチをする。

色々と策を仕掛けて、女性の心を引き寄せる。

何かそういうイメージがありますよね。

まさに攻めの恋愛テクニックです。

それは決して間違いではありません。

こちらから行動をして、こちらからアプローチをして、
女性をモノにすることは必要なことです。

いかにして女性の心に投げかけて、女性の心を動かすか、
モテにおいては絶対に必要なことなんです。

自分の魅力をアピールしたり、
女性の心に響きことをしてみたり、
女性が喜ぶことを用意してみたり、
そういう攻めの姿勢は大事なことです。

しかし、ガンガン攻めればいいのかというと、
それだけでいいというわけではないんですね。

時には受けることも大事なことなのです。

当然ですが、女性も人間です。
性格も色々、タイプも色々、考え方も色々です。

人間の数だけ個性があるように、
女性の数だけ個性があるわけです。

相手の性格、相手の考え方、相手の好み、
そういった個性というものを理解してあげること、
その個性に適応してあげることも大事なことなのです。

一所懸命アプローチをしているのに、
なぜかいまいち手応えがない人。

そういう人は、大抵がこの「相手の個性を理解する」
ということが不足していたりします。

必死に自分の魅力をアプローチしたり、
口説きのテクニックを使って落とそうとしていても、
相手の性格や個性を無視してしまっては、
空回りしてしまいがちです。

会話だってそうですよね。

何とか楽しませようと必死に話しかけていてるだけでは、
その頑張りの割には女性を楽しませることはできません。

むしろ女性の方に話をさせてあげて、
聞き役に徹していた方が好感を得られたりするものです。

人間誰しも、自分のことを理解してくれる、
自分のことをわかってくれる、
自分のことをわかろうとしてくれる人に対しては、
好意的な印象を持つものです。

恋愛は一方通行では成り立たないんです。

ガンガン攻めるアプローチももちろん必要です。
基本的に、男性の方からどんどん仕掛けていくことは、
恋愛においては大事なことではあります。

でも、あまりにも相手のことを無視したアプローチであったり、
相手のことを見ていない攻め方になってしまっては、
上手くいくものも上手くいかなくなってしまうんです。

相手のことをよく理解して、
相手に合わせたアプローチをする。

そういう姿勢ができると、
モテる男へ一歩も二歩も近づくことができるのです。

持っておくべき恋愛裏ノウハウ